おむつケーキは、可愛くて実用的な出産祝い

出産祝い選びで最近よく耳にするようになったのが、「おむつケーキ」。
紙おむつを土台にして、おもちゃなどで
ケーキのようにデコレーションした出産祝いのセットです。

おむつケーキは、元々はアメリカで出産前に、
必要な物をプレゼントしてお祝いする習慣から、
日本にも出産祝いという形で広がたそうです。
可愛いおむつケーキは、病室に置いても楽しいと、
近年では人気の出産祝いになりました。
インターネットや雑誌で出産祝いを探すと、
必ずおむつケーキを目にしますよね。

ネットや店頭で出産祝いとして、気軽に買えるおむつケーキですが、
手作りでも喜ばれています。
オリジナルのおむつケーキが出来るので、
仲が良いお友達同士で買いそろえて、
心をこめて手作りでお祝いするのもいいですね。

もし手作りでお祝いするなら、大事なポイントがあります。
それは、土台になるおむつのサイズです。
新生児用で作ってしまうと、
もらってすぐ崩さなければ使えませんよね。
そこで、おむつは、少し先のサイズにします。
渡す時には「○サイズのおむつで作ったから、少ししたら崩して使ってね」と、
一言添えて出産祝いをプレゼントしてください。
心がこもった手作りのおむつケーキを、
もらってすぐに崩して使いたい人は少ないはずです。
もちろん、デコレーションで使うおもちゃなども、
その時期に合わせましょう。
おむつのサイズが心配という人は、
実用品で作ったケーキを出産祝いとして贈りましょう。

お尻拭きや、ウェットティッシュなど、
赤ちゃんが大きくなっても使える物を組み合わせてください。
ママになった方からリクエストを聞いて、
「もらっても迷惑な出産祝い」にしないように気を付けましょう。
せっかくのお祝いですから、喜んでもらいたいですね。